伝統と科学で目に見えない技術を考えるブログ

ヒーリングとスピリチュアルと時々雑談

気感、気を感じるとは

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本稿では気の感覚、いわゆる”気感”と呼ばれるものについて考察していきたいと思います。ヒーリングや気功、そしてスピリチュアルな世界にいたる迄、おおよそ目に見えないものを扱う人々の多くが”気感”を得ています。(なかには全くない人がもいます。宗教を軸としたスピリチュアルな人に多い気がします。個人的感想ですが。)

では気感は絶対に必要なのか? なんとなくではだめなのか? いやいやそもそも気なんで実在しないものを感じるとかどうなのよ? について少しでも答えられたらと思います。

概要的な内容は気の玉の作りかたの時に述べていますが、少し深堀した内容にするつもりです。

続きを読む

気の玉を作る 前編

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本稿では、認知科学式技術群の基礎の基礎である、気の玉の作りかたを紹介いたします。これを読みながら訓練をすれば、できるようになるはず・・・なものを目指します。

基礎の基礎でありながら、変性意識、臨場感、共感覚と気感(気を感じる)の強化にもつながる奥深いものです。また私が修行してきたヒーリングメソッドとの比較も行っていきます。

続きを読む

科学式気功について その3

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本稿では、認知科学式あるいは科学式気功(技術群)についての続きになります。前回の稿はさらに小難しく書いてしまった感があります。今回はその理論を基にした超基本の認知科学式技術の紹介です。そして私が修業してきたヒーリングメソッドとの比較を極一部ですが行いたいと思います。

では、続きです。

続きを読む

科学式気功について その2

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本稿では、認知科学式あるいは科学式気功(技術群)についての続きになります。前回の稿を見返すと、かなりわかりにくいかな・・・・。すみません。しかし本当はもっと多くの理論があります。それをわかりやすく簡潔に説明できるほど私のレベルが高くないのですね。うーーん。

では、続きです。

続きを読む

科学式気功について その1

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本稿では、ブログ主が今現在取り入れつつある、認知科学式あるいは科学式気功(技術群)について記したいと思います。まだまだ駆け出しでわからないことだらけではありますが、現状の整理もかねて公開いたします。あくまで概要です。

また学習が進むにつれて解釈している内容が変化していくと思いますので、2021年1月段階での私の解釈であることに注意願います。本内容を別の方(他の認知科学気功師やヒーラーの方など)に問い合わせなどはなさらないようお願いいたします。

続きを読む

ブログ主が修業したヒーリングメソッド

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本稿では、ブログ主が修業したヒーリングメソッドの一部を記したいと思います。気功に近いのですが、一般的な気功とはその技術体系がかなり異なりますので、その辺を紹介いたします。

続きを読む

様々なヒーリングメソッドのバックボーンについて

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本稿では様々なヒーリングの源・バックボーについて、私の経験と知識から考察してみようと思います。私が修業してきた技術の紹介的な部分も含みます。

またここで言うヒーリングとは、見えないエネルギー/パワー(定義はあいまいですが)を利用した癒し・病気治癒・自己啓発のメソッドを指します。

続きを読む

ごあいさつ

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。

本ブログでは私がこれまで修業、研究してきたヒーリングメソッドと、スピリチュアル的な様々な技法・方法論さらには占術を、新しい概念も取り入れつつ実践・考察していくブログです。細かな方向性が定まっていない状況ではありますが、とりあえずのスタートとなります。

開設の経緯・ブログ方針

私は数年前までの約20年間、とある師匠からヒーリングとスピリチュアルについて学んでまいりました。その体験と知識を基に、様々なこと(ヒーリング、気功、スピリチュアル、霊、神がかかわる世界)を共有できたらと考えております。
もちろん自分の備忘録としての役割もあります。

さらに最近は新しい概念を取り入れ、ヒーリングとスピリチュアルの技術群の再解釈と構築を試みています。この考察の経緯も共有できればと考えています。できればこれをメインの記述にしたいと考えていますが、どうなるか・・・。

基本的に目に見えないことを扱うことが多いため、個人個人で信じていること・正解が異なるジャンルと認識しています。読んでいただいている皆様と技術や思想的なバックボーンが異なることも多いとは思いますが、楽しく読んでいただけれるよう努力する次第です。

スピリチュアル業界に思うこと

さて、一般的にはどちらかと言うと、この業界(?)に対しては暗く陰気・胡散臭いイメージがあるかと思います。しかし私は普通の暮らしを過ごしながら、明るく人間らしく実践してきた20年と自負しております。

本ブログもなるべく明るく楽しげな表現を心がけて記載していきます。

またスピリチュアル好きな人が好む、”感謝の気持ちを忘れずに、宇宙意識とつながって、幸せを引き寄せましょう”的な内容はほとんどありません。そして霊や精霊との対話や霊視の体験談など、いかにもな内容もほとんどありません。たぶん。(私が修行した技術体系はスピリチュアルではありますが、修行者が霊を見る又は各種霊との言葉を用いた対話、神なるものとの感応などはほとんどありません。)

ヒーリングとスピリチュアルの技術体系紹介

私が師匠から学んだ修行方法・技・知識の概要はかなり乱暴ですがざっくり言うと以下のようになります。これらの技術・思想は複雑に絡み合い、一つの体系となっています。他に当てはまる言葉が無いので「スピリチュアル」としています。

  • ヒーリング(邪気の除去、自然治癒力の活性化。)
  • スピリチュアル的思想(霊・神の基本的考え方。神道または古神道的な考え方に近い。)
  • 願望達成(霊的影響除去。その他印等の様々な技術体系。)
  • 占い(方位学、風水のようなものをちょっとだけ。)

そして先述した新しい概念(技術)ですが、それは認知科学者の苫米地英人氏の超情報場仮説をベースとした認知科学式技術群です。これは気功やヒーリング技術ではありますが、さらに広い範囲を包括する壮大な技術群です。駆け出しの私のレベルではとても全容を把握できないほどです。さらにこれらは現在進行形で様々な人によって分化・進化し続けています。
今現在とある先生とのご縁により、この新しい概念をゆっくりですが取り入れている段階です。

本稿の最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

気を使ったヒーリングやワークそしてスピリチュアルの世界(霊、神、精霊等)は一般的に見えないものであり、現在の科学では定量的に測定もできません。よって正解は誰にもわかりません。または人の数だけ正解があると言えます。だから・・・信じるか信じないかはあなた次第です!It's up to you whether you believe or not !