伝統と科学で目に見えない技術を考えるブログ

ヒーリングとスピリチュアルと時々雑談

雑記

ある精神科医の話

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sasaと申します。 ちょっと思い出話です。 印象深い方がいました。 知り合った時はすでにご高齢でした。 今はすでに他界されております。 精神科のお医者さんでした。 少し大きな精神病病院の院長さんで、外来を…

お金をいただくということ

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sasaと申します。 本稿では気功やヒーリングを行うことで、お金をいただくことについて書いていきたいと思います。 あったほうが良いでしょう 一昔前はいざ知らず、最近のヒーリング業界はヒーラーがクライアン…

北斗の拳の思い出

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。 今回は完全に雑談の回です。気功でもヒーリングでもスピリチュアルでもありません。 ただし気の世界については多少とも関係があるかも(?)しれません。 まぁ昔話です。 北斗の拳 あの北斗の拳で…

気功と人生のフィードバック制御とゴール設定

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。 今回は、気功の進化と人生(ゴール)の進化の類似形について述べていきます。類似しているところは両方ともフィードバック制御で進化していくということです。 気功に大事なこと(耳にタコ含む) …

おじさんと気功

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。 今回は中年の方が気功を行う場合、どのような用途が多いのか?また取り組み方を考えてみます。タイトルはおじさんと書きましたが、当然同年代の女性も対象です。決してお○さんと書かないのがやさ…

病気と性格について

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria S と申します。 今回はちょっと雑談に近い内容です。 病気と性格について、私が感じた例を紹介いたします。 一部一般的に言われる事と少し違う内容があるかもしませんが、私の経験則からの個人的な意見ですので…

三つ子の魂百まで

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria S と申します。 今回はちょっと軽め(?)のスピリチュアル雑記です。 「三つ子の魂百まで」についてです。しかし一般的な意味ではなく、亡くなった師匠の解釈、すなわちIKTM流(私が修行してきたヒーリングメソ…

書籍紹介:超能力回路を開く

ほんじつはおめでとうございます。The Krria Sと申します。l 本日は書籍の紹介(?)です。紹介になるかはちょっと微妙ですが、いずれにせよある本について述べていきたいと思います。 今回紹介する書籍は、 超能力回路を開く―眠っている脳を目覚めさせよ 山…

フィリピンの心霊治療

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。 本日はフィリピンの心霊治療について述べていきます。解説というよりも逸話の紹介ですね。 フィリピンの心霊治療とは? 現在フィリピンには数百人の心霊治療を行うヒーラーがいるそうです。その中…

技術の呼び名と古神道

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。 本稿はちょっと技術を離れて、私が修業したヒーリングメソッドの名付けについて思うところを記していきます。 まぁ、あまり役に立つ内容ではないかもしれません。マニアックです。 二つの技術体系…

師匠の死と認知科学式への挑戦(思い出話2/2)

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。 本稿では前回の続きで、私(ブログ主)のヒーリングメソッドの師匠の死から認知科学式を導入するまでの経緯を記したいと思います。長いです。すみません。

私がヒーリングを始めたきっかけ(思い出話 1/2)

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sと申します。 本稿ではちょっと志向を変えて、ブログ主のヒーリングメソッドに出会うまでの歴史(?)を記したいと思います。おじさん・おばさんの方には懐かしいワードがいっぱいのはずです。「お前の話はいら…