気功を伝統と科学で学ぶブログ

気功、科学、ヒーリング、スピリチュアルを楽しく!

帯状疱疹の医療気功的アプローチ

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sasaと申します。

 

今回は、ごりごりの医療系の気功について述べていきます。

今回の題材は、帯状疱疹です。

 

この帯状疱疹について、気功としてのアプローチの一例を示していきます。内容はちとマニアックですね。

 

念の為最初に記しておきますが、病気や怪我の治療は必ずお医者さんにかかって下さいね。気功やヒーリングはその補助としてまずは考えましょう。

 

帯状疱疹とは

帯状疱疹について、Wikiにくわしくあります。

帯状疱疹 - Wikipedia

帯状疱疹は潜伏感染している水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化によって引き起こされる。

実際に帯状疱疹で困るのはその痛みでしょう。帯状疱疹の発疹時の激しい痛みと、帯状疱疹後神経痛といわれるピリピリするような痛みで、衣服がすれるだけで痛みを起こすことがあるようです。

いずれも、ウイルス起因の炎症などで神経が刺激されることにより発生するものです。

特に体力が低下して免疫系が落ちているときに発症します。

まぁ、私は医師ではないので、その病理についてはあくまで参考までに・・・です。

肋間神経痛としてあらわれる場合もありますが、必ず医師の診断を受けましょう。

f:id:thekerrias:20210928164954j:plain



気功として何が出来るか?

世の中には様々な気功がありますが、神経節に宿ったウィルスを完全に除去することは難しいと思います。(まぁ中には出来る人もいるかもしれませんが)

ここでは神経のウィルスを完全に除去する根本治療については述べません。対症療法ではありますが、その痛みを軽減する気功的アプローチを考察していきます。

痛みが現れる原因は、ウィルスにより炎症が起こされ神経を刺激する場合と、ウイルスが神経を傷つける場合があります。

前者が発疹時などの強い痛み。後者がピリピリとして痛みですね。

 

まずは炎症が起きている場合です。

この場合、炎症を抑える又は痛みをとることを考えます。(当然ですが)

ここからはちょっと気功的な表現が多くなります。(医学的病理と気功的所作が一対一ではないという意味です)

炎症を起こしている状態を取り除く必要があるはずです。そのために毛細血管内外に存在する痛みの原因(気的、情報的)を除去できればよいことになります。

そのためには、血流の増進、炎症による浮腫の除去などが有効です。(当然気功的)

 

後者のピリピリとした痛みの場合です。

神経が傷ついているわけですから、神経の修復と該当する神経からの痛みのフィードバックをやわらげればよいことになります。

 

そして最後に、免疫系が落ちないようなケアが必要です。

この場合有効なのは、血液に効率的に気功が出来る心臓と、免疫の多くの部分を司る肝臓や胸腺でしょう。免疫なのでその他多く部位が関連しています(腸、骨髄、リンパ、脾臓などなど・・・)が、まずはここにアプローチするとよいかと思います。

f:id:thekerrias:20210928164826j:plain



気功の技法的解釈

まずは、浄化系の技術です。認知科学式の気功でよいですし、各流派に存在する邪気を除去する系の物ですね。先の炎症状態や浮腫などへのアプローチです。

 

次に血流です。IKTM流はこの血流系の技法が得意ですので事欠きませんが、他の気功でも同じことが出来るでしょう。認知科学式では直接内部表現にアクセスしてもよいですし、封入の技術を使ってもよいでしょう。

 

痛みについてフォーカスして、その痛みを情報的に抜き去ることもできます。(私が開発したペイインイレイザーⅠという技術でもいけます)

 

次に神経系の技術です。当然幹部神経を意識にあげて浄化の技術を使ってもよいのですが、神経系は違ったアプローチがります。神経は脳(脳幹や大脳、側坐核など)とつながっているととらえます。ですので、脳(私は脳幹をよく使いますが)と患部がつながっていることを意識して、脳→幹部又は幹部→脳 の経路に気を流します。これが先に述べたフィードバック系のケアになっていきます。

(方向については色々テクニックがあります。いずれまた。)

 

最後に、免疫系です。紹介した臓器を浄化するのが基本です。もちろん全身を緩めることもとても有用です。免疫とストレスは密接な関係があることが知られているので、気功でリラックスすることでストレスの軽減も狙うことが出来ます。

 

ほんじつはここまで

少々駆け足的な内容になってしまったかもしれませんね。

なにがしかの参考になれば幸いです。

 

thekerrias.hatenablog.com

 

thekerrias.hatenablog.com