伝統と科学で目に見えない技術を考えるブログ

ヒーリングとスピリチュアルと時々雑談

押し出す以外の浄化(気功)

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria Sasaと申します。

本稿では認知科学式気功における浄化の技術について、またまた述べてみたいと思います。

浄化の技術は基本でありますので、以前の投稿でもいくつか浄化について記した経緯もあります。

 

thekerrias.hatenablog.com

 

その基本の浄化の基本的なやり方と、ちょっとだけ変化球な浄化のやり方について記していきます。

 

浄化についておさらい

浄化の技術とは、簡単に言うと不要な情報を抜き取る技術です。

情報=気 でした。

ですので、認知科学式気功に慣れてない人は

不要な情報=邪気

と捉えてもらってかまいません。

 

やり方です(簡単に)。

"浄化"を意識しつつ(手に"浄化"と指で書いても良いですね)、対象となる部位の上又は対象の気の玉(対象のアバターですね)を手のひらで押し出します。

押し出すの当然先程の邪気ですね。

ポイントは実際に押し出す感覚があることです。

このように、"押し出す"方法が超基本になります。

 

抜き取る、引き剥がす

本題です。

"押し出す"以外の邪気を取る方法です。

まぁ細かいかもしれませんが。

その方法は別に難しくは無いです。

しかし臨場感を出すためのバリエーションが増えると理解していただければ良いと思います。

 

まずは"抜き取る"です。

除去浄化したい部位の気を、掴んで、抜き取るのです。

対象を掴む感覚と引き抜く抵抗感が必要です。

”押し出す”感覚があるひとはきっとできるかと思います。

他人の人体を相手に行なった場合、敏感な人であれば"抜かれる感"があったりします。

(無くても問題ないです)

 

次に"引き剥がす"です。

”抜き取る”に似ていますが、表面に張り付いたものを”引き剥がす”のです。

オノマトペで言うと、”ベリベリ””ペリペリ””ズルズル”といった感じでしょうか。

これは私の感覚なので、異なってもかまいません。

いずれにせよ、気を感じて、掴んで、剥がすのです。

 

組み合わせて使う

このような、”押し出す””抜き取る””引き剥がす”ですが、

単体で使うと言うよりも、組み合わせて使います。

人によって合う合わないもあるようです。

自分に合った方法を探してください。

 

また、気感=共感覚が鋭くなってくると、

対象によって、どの方法が良いのか?がわかるようになります。

どうすれば一番邪気が取れるのか、感覚でわかるのですね。

 

その際に大事なのは、

臨場感を得られるか?

気感(共感覚)が得られるか?

ですが、

一番重要なのが、フィードバックを取ることです。

 

すなわち効果があるか?

効果を感じられるか?です。

 

最後に

人によっては”潰す””握り潰す”のような感覚を得る人もいます。

当然それもOKです。

自分の感覚と臨場感を信じて、心のままにやることも重要です。

細かな解説をしておいてなんですが、

感覚を得て、自由に楽しく行うの重要です。