伝統と科学で目に見えない技術を考えるブログ

ヒーリングとスピリチュアルと時々雑談

気功を練習する時間がない人へ

ほんじつはおめでとうございます。The Kerria S と申します。

本稿では、気功を学習する上での悩みの一つである、練習する時間がない人に対していくつかのアドバイスと、実際に使える手法を紹介します。

もちろん気功に対して超渇望状態であれば、時間が無いということはあり得ないのかもしれません。ほかのことをやめればいいし、寝なければいい。。。

しかし多くの人が、気功の練習と仕事と家族のバランスを考えます。そもそも気功を学習する目的があるのにそれができなくなっては本末転倒です。

時間がないよね

時間がない理由は人によって様々です。仕事が忙しく寝食もままならないような人、子供に手がかかりまったく自分の時間がない人等々・・・・。

その忙しさのレベルと質は人それぞれですが、その人にとって気功の練習ができないほどに忙しいということは変わりません。

実際に時間が無いというのもありますが、心の余裕がないというのもあるかもしれません。

私も子供が小さいときに、昼は仕事、夜は夜泣き対応で深夜のお散歩が続いた日々は気功の練習はままならなかったですね。懐かしい。

具体的に出来る事は? 隙間修業のススメ

ではどうするか。

隙間時間に行うことをお勧めします。1分でもよいです。具体的には以下のようなことです。

  • 気の玉を作って感触を確かめる
  • リラックスを作る(5timesおすすめ)
  • 気の玉を作って、下丹田などに押し込む。
  • 気の玉を作って、スマホに押し込む。
  • スマホを浄化してみる。
  • スマホに結界を張ってみる。
  • 子供の背中をさするふりして浄化(祓う)をやってみる。
  • 気を出しながら、タイピングしてみる。

他にもいろいろできることはあります。いろいろやってみましょう。

頑張って週1回はがっつり!

出来れば週に1回でもいいので、集中する時間が欲しいです。自分なりにメニューを決めてやってみていください。

リラックス、気の玉、結界、封入、浄化など基本的なところから、アバターを呼び出しての施術などです。アバターは自分でもよいですし、誰かほかの方でもよいです。親兄弟子供でもよいですね。そのお相手が気功に理解がある方なら効果のフィードバックをとってみてください。

そのような人がいない場合は、了解をとる必要はないとして、だまってやっちゃいましょう。

でもいやになってはもともこもない

いくら隙間時間を有効に活用しようと言っても、やる気が出ないこともあります。1分間の時間があったら、その間は何もしたくない。ぼーっとしてたい。

よくわかります。(笑)

気功を練習する上で大事なのは、楽しく行うことです。別に笑いながらやれと言うわけではありません。やりたくてやる、ということです。いやいややっては上達はしません。

もし、隙間修業を実践してもそれですら苦痛になるようなら、忙しさが落ち着くまで待ち待ちましょう。気功は逃げません。

もし必要に迫られて気功を身につけなければいけない場合は、その理由についてプロにお願いするというのも手です。

本稿の最後に

気功は楽しいのです。見えないものを臨場感をもって操作するのは面白いのです。

でもでもどうしても出来ない時もあります。

だからやめないことです。続けることです。楽しく関わる事です。

頑張ってください。